Rainy days and Mondays

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  卒コンコン本番

今アソダーにアップされているBBQの写真を見てホロリとしてしまった。西堀まだノーパンまき。

意外にも練習篇が長くなってしまったので簡潔にいきたい。

卒コン、最初のほうは映像のことでいっぱいいっぱいで、感動する暇も無かった。
だって映らなくなるんだもん。寒い中みんなを集めて折角いい素材が撮れて、2週間まるまる使って編集したのに。みんなこの日のためにやったことなのに。そんなこと!!!あぁやばい涙出てくる。

こんな心境でした。焦って焦って、演奏中も身が入らなかったといっても過言ではない。
迷惑をかけた人々にはここで改めて謝罪の言葉を述べたい。
申し訳ございませんでした・・・。
スクリーンからははみ出していたものの、ライブステーションの方の協力を借り、映像はなんとか発表することができた。汚いながらも。どうでしたかー?皆の笑い声が聞こえてきたときは、心底ホッとした・・・と同時に、やっぱりオープニングで使いたかったなと悔しさで一杯。というか、40代で創り上げるライブなのに、41代のとおるちゃんにまで迷惑をかけた自分が情けなくて涙が出た。
でも、まりごんと濱田。最後まで諦めないでくれて有難う。
そういえばマツケン、本番前に編集してエンディングは「オーレッ」て終わる筈だったのに、フェイドアウトにされて悔しかったな。


自分が出たバンド以外でちゃんと見れたのは、YUKIとスピッツくらいかなあ・・・不甲斐無い。本当はちゃんと全部見たかったのに。
でも両方涙が出たと言うことは、きっと全体的にいいライブだったんだね。
YUKIはねえ、あいぼんの顔見るだけで泣けてきました。だって、涙こらえながら歌ってるんだもの。最近のYUKIの曲は分からないけど、ハミングバードは今までで一番好きな曲だったのでなお泣けたし、知らない曲でも温かみがあって、どのコピーよりも良かったんじゃない?うん。隣にべるもいて、二人でしゃくりあげて泣きました。

スピッツは最前列で見ていた。
まりごんの歌には人を惹きつける力があるね。そして透明感。バラード歌わせたら天下一品なんじゃないかしら。だから卒コンでスピッツをやると聞いたときは、心底嬉しかった。まりごんの魅力ここにあり的な。
予感が的中して、大泣きしてしまったよ。もうぐちゃぐちゃですわ。
しかもさぁ隣でひさこも号泣してて、そうかと思ったら右隣ではかげとイッケイ氏がバカなことやって嬉しそうでさぁ。それを見て泣く私を見てかげが「もう~」とか言っちゃっててさ。ちきしょう、なけるじゃねえか。
「正夢」は正直もう聴ける気がしませんw
あの歌詞でさ「愛は必ず最後に勝つだろう そういうことにして~」みたいな歌詞あるじゃないっすか。あれ好き。凄い希望沸いてくる。思い出しただけで鳥肌たつ。

自分の演奏に関しては今までのどのライブよりグダグダだったんだけど、泣きポイントとしては、スーパーカーのラッキー歌っているときに某Y太の顔が見えた時。何故か泣けてしまった。悔しい。
桑田さんの「祭りのあと」をやっているときかげが私たちの方を向いて指差して「お前だけが死ぬほど好きさ」って歌った時。あれは不意打ちでずるい。前々から考えていたそうで、それもずるい。
サンボマスターで39代が前に来てくれて、ひとりひとりの顔が見えた時。アセイちゃんが凄い顔で、泣き顔でこっち見た時。
終わって山下がお疲れって言ってきた時。かなあ。

意外に泣かなかったんだよね。YUKIとスピッツは最初から泣くだろうなーと思って、よし、泣いてやろうくらいに思って泣いていた気がするから予想の範疇内だったんだが、他にももっと泣くと思っていた。映像のトラブルで泣かされたのにはむかついたけど、本当に楽しいライブだったから泣かなかったのかなー。
最後も、浪漫飛行終わって、まなぶが「俺我慢してたのにーー!」って泣き始めたときくらいしか泣かなかった。自分のときは実感ないって噂は本当かも、しれないぜ~♪

しかし先輩がたくさん来てくれた事にひよりながらも超感謝。あまりの演奏の出来の悪さにびっくりしたことでしょうが、何よりも先輩方が育ててくれた私たちの仲の良さを見せることが出来て嬉しかった。

哲学で語られる愛には形が無くて、そしてなにを愛と言うのか、という検証がずっとなされているけれど、
そんなこと知らない。あの空間には、明らかに愛が溢れていた。それだけは断言できるよ。

スポンサーサイト

  そっつそっつコンコン(練習の大まかな感想)

卒コンのことを書きます。
思い入れの深い物事ほど、書くのは辛いものです。うまく書けるかわかりませんが、最後まで読んでくださると嬉しいです。

卒コンの初練習は、3月6日でした。
サンボマスターでした。学が来ませんでした。それでも私たちは楽しみました。普段サンボマスターは全く聞きませんが、昔創像のライブでやって楽しかったので今回も是非やりたいということでドラムを引き受けたのですが、今回も例に漏れず楽しいということがわかり、嬉しかったのを覚えています。あせいちゃんはいつもドラムの方を見てリズムを取ろうとしてくれます。山ちゃんは気持ち悪い弾き方を追求しています。
右手人差し指に、ホラーめいた血豆が出来ました。
学からごめんなさいメールがきました。無視してしまいました。学が寝坊しても、なんか可愛げがありました。
二回目の練習では演奏をMDにとって、そのソウルフルさとそれが故の目茶目茶さに笑いました。

東京事変の練習。
初練習の前、映像の編集が終わらなくて夜までやっていて、会報のフリーページも全く書けていなくて、初練習は最後の30分しか出られなくて、しかも全く出来なくて、メンバーに迷惑をかけて。濱田に何故かいらいらしたけど次の瞬間には全然忘れていて。申し訳なかったです。
でもだんだんとコツを掴めてきて、濱田とロールの練習をしたり、べるのソロ回しを考えたり、かっちゃんの「母国情緒」のアウトロうぜーけど上手いと思ったり、馬場のスーパースターにちょっと泣きそうになったり、おかやんの顔じっと見ちゃったり。一番緊張したけど、「上手くなりたい」って思えるような練習でした。

スカ。
これには本当に悩まされました。
ジョージに、「本当にできるの?イッケイ氏と半分半分にしたら?」って何度も何度も言われて、負けず嫌いが目を覚まして悔しくて、「絶対できるから」と胸を張って言ったのはいいものの、音源を聴くとやっぱり難しそうで、なんでこんなコピーしにくい曲作るんだとかスカパラに怒ったりして。
でもジョージの言葉に負けないで投げ出さなくて良かった。今までで一番耳コピに力を入れたから、初練習も意外に上手く出来て、でもどうせ客観的に聞いたら酷いんだべと思いながら2回目の練習を迎えて、その時山下あせいちゃんたちに「ソロ回し凄い上手く聞こえるよ」って言われて上機嫌になって少し自信が取り戻せました。有難う。
3回目の練習は本当に楽しくて、とにかく楽しむんだってことに気づいて、加藤君と顔を合わせながらやろうって思いました。

サザン。
もうサザンはね、大好きなんですよ私。今回自分の思い入れのあるアーティストはサザンだけだったので、凄く気合を入れてやる・・・つもりだったのですが、好きなだけあって、音源をあまり聞かなくて、結果的には一番だめな演奏になってしまったんじゃないかと少しだけ後悔しています。でも練習はとてもとても楽しくて、特に2回目の練習で10畳の部屋に無理やり8人入ったときは面白かったです。
加藤君のギターへの誇りってゆうかこだわり力みたいのが音作りで伝わってきてとても感動したし、あやぱんが毎回嫌な顔ひとつせずやってきてくれて、神山はいつも遅刻してたけど最後には一生懸命やってくれて、べる、初のキーボソロ!ってことで緊張してたり、かげは粉雪の声で勝手にシンドバッド歌ってくれた。イッケイ氏は最後の練習でコンガとして入ってくれて、サザンのコピーとしてダイナミックさが出た。ジョージはビッグバンドの時いつも楽しそうに、そしてマジメに取り組んでくれて、いつも適当な私も凄く刺激を受けました。
おかやんは30回以上バンドを組んでいたけど、見るたび見るたびにピアノが上手くなっていて、違う世界にいる人みたいでした。
あせいちゃんは10畳の部屋で演奏しているとき余りに狭くてドラムの後ろで弾いていてなんか笑えました。

スーパーカー。
あせいちゃんから「スーパーカーやろうぜ」って言われたときなんか救われた気がしたもんです。エゴってベーボやっちゃいました。すずが最初やる気なかったのに段々と上手くなっていって嬉しくって、あいぼんは最初から最後までバンドを良くしようと一生懸命で、私が歌ってるときずっと見てて照れました。
山ちゃんはアオハルでオリジナルを遥かに越えたギターリフを作ってらっしゃった。

マツケンとスパイスガールズ
言わずもがな、3年分くらい笑った練習でした。
また四女の怖さが露呈してしまうので詳細は言いませんが、
マツケンとかで笑い転げられるあなたたちに脱帽です。
協力してくれたなおべ、かおり(2回目w)、みな、けんちゃん、とがの(一度も練習では遭遇しなかたねw)ありがとう。

卒コン本番が19日、初練習が6日。
普通のライブでもこんなスロースタートはありませんよ。
ほんとに怠慢だったなぁと今考えても頭をかしげます。

  誰にも言えないから書く。

卒コンでやるある曲とある曲が似すぎていて、もうイヤ。
ひとつやるともうひとつの曲をまったく忘れる。
そのくらい似ている。
こうご期待。

  レインボーブリッジ閉鎖できまへん!

浜田が県庁の星について書いたその次の日に、織田裕二主演映画「TRY」がテレビでやっていましたね。やっぱりかつぜつが悪いですね・・・元祖長州小力。

結構前から密かに流行っているのが、織田裕二の物真似です。
時々太田さんとふたりでやったり、家でひとりで練習したりします。

気に入っているフレーズは、
「みんな頑張ってるじゃな~い(ユーキャンCMより)」
「レインボーブリッジ閉鎖できまへん!(踊る大捜査線・ザMOVIEより)」
「俺がおまえのジョンレノンになる!(東京ラブストーリーより)」
「郵ぱっくが、かわりまひた!(郵便公社CMより)」




織田裕二って、1度会ってみたいような気がします。
そうでもありませんでした。

これでトラバついたら面白いな・・・

 | HOME | 

プロフィール


むら

  • Author:むら
  • FC2ブログへようこそ!


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。