Rainy days and Mondays

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  映画 宣言



tengoku.jpg






腑抜けども



③雲隠れ宣言


まず①
日本に生れてよかったーーーーーー!
これを見ずに死んで行くなんて、外国人です。
この俳優陣やばいです。
ちょっとおかしくなりそうなほどかっこよかったです。
昔の映画なので少し長いけど、そんなこと考えてられませんでした。
ほんとにかっこいいので見たほうがいいです。


サトエリはどうしてあんなにかわいいんだろう…
はまり役です。
キャスティングがよかったんだなーって感じの映画でした。
気分は悪くなるけど、最終的には気分がよくなりました。
うーん、でも、こんな人いるかねフツー。という感じです。
スピード感のある映画なので、暇つぶしに見るにはもってこいです。
あと、サトエリさんを見るだけでも価値のある映画です。


しばらく、修行の身に入ります。
信じられないくらいトラウマティックな現実に直面しました。
見直します。自分の性格、見直します。
芝居初日、まさかの公演停止!!!!!!!

ありえないでしょう。
自分がお客さんだったら笑うか悲しむか怒るか
とにかくありえないでしょう。
久々に頭まっしろで震えが止まりませんでした。
申し訳ございませんでした。
いくら謝ってもむなしくなるだけ・・・。
次回から、どんなトラブルにも対応できる能力を、身につけたいと思うし、
リスク管理を万全にしたい。
てゆうかこんなの基本でしょ↑

自信を完全になくしたので一回リセットし、出直します。




スポンサーサイト

  早起きはつらい

ロイヤルテネンバウムス


「ダージリン急行」のウエスアンダーソン監督、「ロイヤル・テネンバウムズ」。
べるちゃんが好きだーってことで便乗して借りてみましたが、
なんせ監督名も題名も難しいものだから、思い出せなくて、しかもその日携帯忘れてて、
1時間くらいTSUTAYAを探し回りました。

結果として、おもしろかったー!
人生、いつがピークになるかわかんないなぁ。というのと、
老人になるまで自分を楽しんだ者勝ちである。ということをひしひしと感じました。
てゆうかやっぱりビルマーレイは可愛い・・・。
小物や動物がいちいちかわいくて、お洒落な女の子などが見たら楽しいんじゃまいか。

  7月付で左脳人間になります。

Broken Flowers


ジムジャームッシュの監督作品、ブロークンフラワーズです。
なんともエロスな感じでした。
いや、エロスなとこは全然なかったんですけど
なーんかエロスでした。
ただつったってるおっさんがこんなに魅力的だとは。
そして最後までなんだか「ふーん、あっそう、それで?」で終わってしまうような映画。
魅力的でした。

でも月曜の夜に見るものじゃない。
土曜の夜中か日曜の昼間に見るべき映画だと思いました。

ビルマーレイだいすきになりました。


JUNO.jpg


公開と同時に見に行くことと相成りました、JUNOです。
16歳の女の子が妊娠しちゃうやつです。
単なる青春映画とも感じ取れましたが、
会話の節々がウイットに富んでいておもしろかった。
とはいえ、翻訳しか見てないですけど。
なによりも、登場人物が皆かわいい。
BGMがわたしの好きなアーティストばかり。
可愛さだけで満点、期待しすぎた割にはそこまででした。


誰か良いプロジェクタをお持ちではありませんでしょうか。

  未来のことをはなしたい

ただいま。

キセルの「ピクニック(お墓でランチバージョン)」を聴いています。
懐かし過ぎてどうしよう。

わたしがこのような90年代ロックにはまったのは
やはりNHK-FMの「ミュージックスクエア」という番組のせいでしょう。
中学校受験がおわったあと、最近はやりの音楽をきけるラジオ番組はござらんかね。
というような具合で新聞のラジオ欄を見ていると見つけたのがこの番組。
平日夜9時からとかじゃなかったかしらん。今でもやっているのかな。
そこで初めて耳にした曲は、スマイルというバンドの「明日の行方」という曲でした。
ふしぎなバンドがたくさんいるんだねーと思って、毎日のように聞いていた。
そのころはラズマタズとか売れてたね。ジェリーリーファントムとかPreSchoolとかすきだった。
スーパーカーのラッキーがヘビーローテーションされていた。
ゆらゆら帝国の「ゆらゆら帝国で考え中」と、ホフディランの「君の顔」がオープニング曲だった月は好きだった。
桃野みこととかいうひとはあまり好きではなかったけどたくさんかかってた。
POTSHOTとか、スキャフルキングとか、もちろんハイスタとか、インディーズシーンを盛り上げてたひともたくさんかかってた。
コーネリアスとスピッツとイエモンが神とあがめられていた(気がする)。
くるりの「ばらの花」が初めてかかったときは高校生だった。
あのイントロがかかった瞬間涙がでた。
キセルの「ピクニック」はすごくすきだった。
中村貴子に、なりたかった。




というようなことを、ぐるぐるぐるぐる思い出す。
なにをあんなに、一生懸命になっていたんだろう、子どもってすごいなー。

あのとき、J-WAVEの番組をみつけていて、聴き始めていたら、いまごろDIVA系になっていたんだろうか。可能性は、無きにしもあらずで、おもしろい。




おじいちゃんに会いたくて仕方がありません。



べべべべんきょうしなきゃ(@@)

  いつものように


▼最近、ひとと会っていない。
なにかと忙しいを理由にして行動をしていない。
それは時に心地よく、時に所在なさを感じる。


▼広島のおじいちゃんが亡くなった。
1月に神戸のおじいちゃんが亡くなってから、5か月だった。
本当にいろいろなことを痛いほどに感じた。
それをここに吐露しようとして軽く小説にできるんじゃないか(魔法のあいらんどくらいになら載せられそうな)というような文章を書いたが自分で書いてて痛々しくて切なくてやめた。
言えることは、わたしはまだまだ生きて勉強しなければならないし不幸自慢はしてはならないということだ。それと、突然「天国で見守っててね」とか言うのはお門違いな気がした。


▼フジロックに行くことにして、いろいろ予習を始めた。マイブラの良さがわかった。あれは大変ですね。今年の夏は、ずっとレッドマーキーに居そうで、そんな自分の貧弱さがせつない。


▼家族と仲が悪い。


▼簿記は受からない気がする。でも、精一杯やる。

▼携帯にメールが1日1件くらいしかこないが、慣れてきた。

▼起業してるひとのブログとか、転職サイトとか見てると、結局一体なにをやっている会社なのかわからないことが多い。

▼ボーナスで買うものは、ドライヤーと自転車と決めました。

▼6月20日、21日、どちらかあいてるひとは連絡ください。

▼家にはボンゴがある。それを見つめるわたし。






 | HOME | 

プロフィール


むら

  • Author:むら
  • FC2ブログへようこそ!


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。