Rainy days and Mondays

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  血塗られたクリスマス

まさに題名通りのクリスマスを過ごしましたよ、わたしは。
自分が血塗られたわけではなく血塗られた映画をみました。

まずゴッドファーザーを見ました。
いやー、たくさん血塗られていました。
信じられないくらい皆様かっこよかった。でも昔の洋画ってみんな同じ顔に見えるから判別つかないのよね。特にイタリア系・・・皆ホリが深い
アルパチーノの身勝手な感じが非常にかっこよかったです。でもマーロンブラントの老い方もよかった。名作と言われる意味がわかります。あ、でも私は馬鹿なのでサブキャラクターの顔の判別が最後までつかず最後の超面白いと言われているシーンの意味がわからなかったんですけどそれでも名作でしたー。やはり戦後のアメリカ映画は人種差別とか飽食時代に入っていく過程とかいろいろ見れて勉強になるなぁ。残酷ですけどね。若い人たちの洋画離れがすすんでいるといいます、でも絶対見た方が良いと思います。3時間もあったから疲れてしまったわ。2も見よう。


次にファイトクラブを見ました。大変血塗られていました。
そこで私はエドワードノートンのかっこよさにやられてしまいました。
以下、ねたばれ。

冴えない役として出てて、自らの妄想で作り出したのがブラピなわけですが
もう、ブラピなんかより百倍あなたがかっこいいよ。
男のロマンとして、強くなりたいとか、こんな生活終わりにしたいとか、思うのかもしれないけれど、
私はノートンさんのように、毎日流行を追いかけて汗水垂らして働いている人も悪くないと思うよ!
そんなのはきれいごとなのかもしれないけど
まぁ、どうせ我々は枯れた人種が好きな人間なのさ
現実離れしたゴッドファーザーより身に迫るものがあった映画でした。

仕事が手につきません、どうしよう・・・
スポンサーサイト

   コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://bakaaho.blog6.fc2.com/tb.php/236-f253db8a

 | HOME | 

プロフィール


むら

  • Author:むら
  • FC2ブログへようこそ!


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。